「少額から不動産投資を始めたい」あなたには、不動産小口化商品への投資が面白い!

『投資』というキーワードを聞いて、ほとんどの人が連想するのが『不動産投資』です。『不動産投資』は、一棟マンションやアパート、区分マンションなどを自己資金(金融機関の融資含む)で購入し、入居者を募り、その家賃によって利益を出しながら資産を運用していく投資スキームです。

実際、多くの方が不動産投資にチャレンジしたいと、心のどこかで考えているようですが、どこかで躊躇している方が多いのも事実です。

そういった方にとって『不動産小口化商品』への投資はリスクや負担も少なく、手軽に投資ができるため、おすすめの投資になります。

不動産投資は初心者にはハードルが高い投資?

不動産投資は、得られる収入も大きい分、初心者には参入が難しい投資です。

  • 投資金額が非常に高額で、多くの場合借り入れが発生すること
  • 購入した不動産の資産価値が変動するため、投資としてのリスクが大きいこと
  • 経営の要素が含まれるため、管理が複雑であること

このような理由から、不動産投資は初心者が手軽に投資できるようなものではないのです。

実物不動産と不動産ファンド投資のイメージ
実物不動産と不動産ファンド投資のイメージ

実際に、不動産投資は購入する不動産や管理会社の選択を誤ることで、損失を出してしまうケースがよくあります。事前にきちんと不動産投資に関して勉強をしたり、信頼できる不動産会社を開拓することがとても大切になるのです。

それでも、「不動産投資をやってみたい」という方は後を絶ちません。なんというか・・・実際に存在している実物を身近に感じながら投資できることが最大の魅力なのだと思います。

『不動産小口化商品』への投資からスタートしてみよう

前述した通り、不動産投資には大きなリスクが付き纏います。

「そこまで大きなリスクは背負えない、だけど不動産投資をやってみたい」

このような、不動産投資に熱い情熱を注いでいる方には、不動産小口化商品への投資が非常におすすめです。

不動産小口化商品への投資は、一口、~100万円ほどの少額資金で比較的手堅い資産運用ができます。

投資対象は、収益不動産そのものではなく小口化した証券です。

ですので、自己資金を用意して数千万円~数億円の物件を購入する必要はありません。それと同時に実際の経営業務(管理・入居付け・家賃回収など)をする必要もないのです。

利回りの配当原資は、入居者の賃料になることがほとんどで、安定した利回りが期待できます。

このように、少額の自己資金から始められる点が『不動産小口化商品』の最大の魅力になります。

『不動産小口化商品への投資』から『不動産投資』にチャレンジ

不動産小口化商品への投資を始めることは、不動産や不動産投資について積極的に学ぶきっかけになります。学習を重ねることで、さらに興味を持ち、高みを目指す投資家も生まれてくるでしょう。

最終的な目標は、”不動産投資家になること”であっても、その第一段階として『不動産フ小口化商品』への投資をすることは、リスク面・学習面・投資慣習への慣れなど、どれをとっても、参考になるものばかりです。

ステップアップの踏み台として考えるのも面白いかもしれません。

『不動産小口化商品への投資』と『不動産投資』の違いについて

最後に、『不動産小口化商品への投資』と『不動産投資』の違いについて考えてみましょう。

両者の違いは「”資産運用”か”投資”か」に分けて考えられます。『不動産小口化商品への投資』は、小口資金を出資して、不特法事業者に運用を任せるシンプルな投資です。一方で、不動産投資は経営的な要素が極めて強く、税金面、簿記・会計といった周辺知識についても学ぶ必要があります。

繰り返しになりますが、周辺業務・知識において求められるスキルが違います。将来的には『不動産投資』にチャレンジしたい方にとっても、不動産小口化商品への投資はおすすめの投資手法になります。

少額から不動産投資をスタートしたい方は、不動産小口化商品への投資をぜひ検討してみて下さい。


不動産特定共同事業トモタクへのご相談はこちら

    お名前 必須
    電話番号
    メールアドレス 必須
    住所 必須
    問い合わせ種別
    資料請求その他
    問い合わせ内容