『自己資金で資産運用したい』そんなあなたは不動産特定共同事業に投資を

不動産投資には、高額の自己資金が必要になります。

もちろん、数千万単位の現金を用意できる人はほんの一握りで、ほとんどの人が金融機関の融資を活用しながら不動産投資をはじめます。

とはいえ、不動産投資の初心者の場合、金融機関の融資を受けて投資を始めることについては慎重に決断をしなければなりません。

投資先についても、”何でもいい”わけではなく、情報の取捨選択が重要なのです。

一方で、投資や資産運用に関して、『金融機関の融資を受けてまでやりたくはない』という方が一定数いらっしゃいます。

私はこのような考えをお持ちの方を、今まで多く見てきました。

これについては一概に、いい悪いの判断をすることはできません。

投資に対するスタンス“なのです。

投資に対する考え方がハッキリしている事は、非常に良いことで、こういった投資家は"結果を出しやすいタイプ“なのだと思っています。

自己資金の範囲内で実践する不動産投資

金融機関の融資や株式投資の信用買い、FXのレバシッジなど、自己資金以上の金額をベットする事で、より多くのリターンを期待する投資家は多くいる一方で、自己資金の範囲内で手堅く資産運用をする方も一定数の割合でいらっしゃいます。

これは、不動産投資の世界でも同じです。

数万でも、数十万でも、数百万でも、自分自身の銀行口座に眠っている現金を使うことで、不動産事業に投資することができるのです。

不動産投資の中に、不動産特定共同事業の不動産小口化商品と呼ばれるものがあります。

これには、収益不動産を小口証券化することで、より多くの投資家に出資していただくメリットがあります。

事業者、投資家双方にメリットがあるため、地域活性化、地方活性化の起爆剤になるのではないかと期待されているのです。

不動産特定共有事業の不動産小口化商品は、誰もが自己資金の範囲内で少額から投資を始めることができます。

老後資金のため、子供の教育資金のため、余暇やレジャーを楽しむためなどの資金確保の目的として投資を始める方が増えてきています。

銀行の金利は期待できない

あなたは現在の普通預金と定期預金の金利を答えられますか?

答えがイエスの人は、何かしらの資産運用商品を保有している方、資産運用を始めることを前向きに検討している方ではないでしょうか?

答えがノーの人も心配いりません。現在の金利を知ることで、「このままで良いのだろうか…」と真剣に考えるようになるでしょう。

現在の普通預金の金利は0.001%(年利)、普通預金の金利は0.002%(年利)です。※ただし、キャンペーン金利などは除く

非常に驚くべき数字ですね。。。

https://oo-ya.jp/financial/2444/

仮に100万円を普通預金に預けていた場合ですが、一年後の利息は、100万円×0.001で1,000円です。定期預金に預けたとしても、2,000円です。

これだと、定期預金の場合でも、コンビニのATMで時間外に10回引き出して、振込を数回行ったら、赤字になってしまう計算になります。現在の利息はその程度なのです。

一方で、不動産小口化商品に出資したらどうなるでしょうか?

私の感覚値で恐縮ですが、様々な事業者の不動産小口化商品の利息を調査した結果、大体、年利5%〜7%の商品がほとんどでした。

この場合、同じく100万円を投資した場合、一年後の利息は、5万円〜7万円ということになります。

これくらいの配当があると、投資効果も期待できると思いますし、投資意欲も上がってくるのではないでしょうか。

参考までに、一昔前(1990年頃)の定期預金の利息が大体それくらいでしたので、今の状況がいかに良くないかがお分かりいただけるでしょう。

公的年金の期待感は年々薄れている

これまで老後資金を資産運用でを通じて上手に賄うべきだという話をしてきました。

老後資金については、年金があるので心配していないとお考えの方も多いと思います。

ここでは、そんなあなたに物申したいと思います。

年金については、私たち現役世代が受給対象になる頃には、あまり期待出来ないものになっていると、明確な根拠をもとに、私は思っています。

現時点での公的年金制度は「賦課方式」を採用しています。賦課方式とは、働く現役世代が払い込んだお金を年金受給者に支払う仕組みです。

https://oo-ya.jp/rssjb/2597/

勘の鋭い人ならお分かりかと思いますが、公的年金の期待値は人口減少に比例して低下するのです。

今後の人口動態などを見ても、人口が減少し、現役世代、年金支払者の母数が減るのは明白です。

そのような時代背景から見ても、自衛の意識を持って、資産運用に取り組む必要性が高まっているものだと私は考えています。

少額でもいいから自己資金で資産運用を今スグ始めよう!

俺、何もやっていないじゃん…(汗)

資産運用するほどまとまったお金を持っていない…

このようにお考えのあなた、心配いりません。

資産運用はとにかく、最初の一歩を踏み出すことが大切です。最初の一歩を踏み出すことができるフットワークの軽さこそが、自己防衛への道なのです。

お金を持っている人が資産運用に強い人だとは思いません。最初の一歩を踏み出すことが出来る、フットワークの軽さを兼ね備えている人こそが資産家への道だと私は強く思います。

自己資金が少ないと、かえって迷惑なのではないか?

少額しか投資できず恥ずかしい

実際に、このように考えてしまう方も多いと聞きます。しかし決してそんな事はありません。誰もが最初は自己資金の中から少額でスタートします。

最初の一歩をどのタイミングで踏み出すかが大切です。

最初の一歩を踏み出すことができる投資家を私たちは応援し続けます。


不動産特定共同事業トモタクへのご相談はこちら

    お名前 必須
    電話番号
    メールアドレス 必須
    住所 必須
    問い合わせ種別
    資料請求その他
    問い合わせ内容